よくあるご質問

Q&A

コンテナの料金について詳しく知りたいのですが。
コンテナの料金は条件や仕様により、変動することがあります。無料にてお見積もりさせていただきますので、まずはご要望をお聞かせください。 プレハブや倉庫などと比較すると、コンテナはかなりの低コスト。加工が簡単なので、低予算でお客様のご希望に添った外観や内装に仕上げることが可能です。
全国どこでも設置していただけますか?
はい、全国各地への設置が可能です。ただし、地域によっては、事前にコンテナの現物をご覧いただけない場合、設置場所の確認にお伺いできない場合があります。あらかじめご了承ください。
コンテナのサイズはどのくらいですか?
ジャカコンでは、20フィート型(約6m)と40フィート型(約12m)をご用意しています。サイズと料金の詳細は以下のページをご覧ください。 ご利用料金はこちら
コンテナの耐久年数はどのくらいですか?
メンテナンス状況などにもよりますが、少なくとも10年以上はお使いいただけます。修理・メンテナンスも承っておりますのでご相談ください。
コンテナを積み重ねることはできますか?
はい、可能です。ジャカコンは、コンテナを縦に積み重ねる連結方法の特許を取得しています。 従来のコンテナは横につなげて幅を広げることしかできませんでしたが、当社のコンテナなら縦への拡張も可能。最大3つのコンテナを縦に積み重ねられるため、スペースを有効に活用できます。
盗難の心配はありませんか?
倉庫などであればバールなどでこじ開けられる被害などを耳にしますが、コンテナは非常に頑丈ですからバールなどでこじ開けられる心配はありません。 必要に応じてセキュリティー設備も追加できますので、安心してお使いいただけます。
夏場、コンテナ内部の温度の上昇が心配なのですが。
コンテナは水密性・風密性がありますので、夏場は温度が上昇します。夏場の庫内は、閉め切った状態で50℃前後になることがあります。 美術品・骨董品などの収納に使う場合、また店舗・事務所として使う場合などは、換気扇や通気口、エアコンを付けるのが一般的です。また、断熱材を入れれば年間を通して快適な空間を維持できます。
コンテナはどのようなカスタムが可能ですか?
コンテナ同士を縦・横に連結したり、小さくしたりできます。照明やエアコン、ドアや窓やシャッター、換気扇などを取り付けることもできます。また内外装は色々な装飾ができ、電気の配線も可能です。
コンテナを倉庫や店舗に使う場合は、建築物とみなされますか?
基本的に、コンテナを倉庫や店舗・事務所として設置して継続的に使用する場合は、建築確認申請が必要になります。 ジャカコンでは、建築確認申請のサポートも行っています。設置予定場所や用途などにより建築確認条件が変わりますので、不明点などがございましたらお気軽にご相談ください。
コンテナの扉は改造できますか?
コンテナの既設の扉は、両開きの観音式扉が1ヶ所あり、内部からは開閉することができない仕組みになっています。 側面に扉や窓などを取り付け加工もできますので、トラック用扉・シャッターなどに改造したり、ご要望に応じてカスタマイズが可能です。騒音に配慮したい場合は、防音材の取り付けも可能です。
コンテナを設置する際、地面などに条件はありますか?
倉庫用として利用する場合、穴の空いていないコンクリート平板ブロックを4隅あるいは、6~8ヶ所コンテナに沿って敷設します。敷地が複雑な状況の場合、各所をコンクリート平板ブロックの積み上げ枚数を変化させて調整します。 コンクリート打設の敷地の場合は直接設置が可能ですが、アスファルトや砂利などに設置する場合は、沈み込まないようにコンクリート平板ブロック敷設をすることが望ましいでしょう。

このページの
先頭へ

こんなお悩みありませんか?