コンテナの魅力

コンテナって何がいいの?

魅力1 丈夫!

もともと海上・陸上での輸送用につくられたコンテナは、衝撃・振動に耐えられる頑丈さがあります。鉄筋造りですが発錆が少なく、耐久性・耐火性・耐水性にも優れています。


魅力2 安全!

優れた強度を持っていますので、バールなどでこじ開けられる心配はありません。鍵穴が標準装備されているほかセキュリティー設備も拡張できるため、盗難犯罪を防止できます。


魅力3 フレキシブル!

壁に穴を開けて窓やシャッター、ドアや換気扇を取り付けるなど、簡単に加工・改造ができます。コンテナを横に連結したり縦に積み重ねたりして、スペースの広さも自由に変えられます。


魅力4 低コスト

安さが魅力のコンテナ・プレハブを建築したり貸し倉庫を利用したりする場合に比べ、グンと費用を抑えられます。


魅力5 短工期!

クレーン車で簡単に設置できるコンテナは、大がかりな工事が必要なく短工期。移設・撤去の際も分解する必要がなく、スピーディーに移設・撤去できます。


魅力6 エコ!

産業廃棄物の大半は建物を取り壊すことで生まれます。コンテナは建設廃材を抑制でき、リサイクルも可能。エコに貢献できます。


魅力7 幅広い用途!

倉庫・物置としてものの保管に使うだけでなく、店舗、オフィスや工場、建築現場、研究所、イベント施設など、あらゆるシーンに活用できます。

レンタルする?購入する?

コンテナを活用するためには、購入するかレンタルするかになります。 基本的に、長期的に使用する場合や使用期間が決まっていない場合は購入、短期的に使用する場合や使用期間があらかじめ決まっている場合はレンタルがおすすめです。

  レンタル 購入
メリット
  • 短期利用に最適
  • 初期投資が少なく済む
  • 固定資産税がかからない
  • 手続きが簡単
  • 長期利用ならレンタルより割安
  • 不要になったら売却可能
  • 自由に使える
  • オプションの選択肢が多い
デメリット
  • 自由に改造できない
  • オプションの選択肢がせまい
  • 支払いに終わりがない
  • 長期の利用だと割高
  • 維持費・修繕費が必要
  • 固定資産税などが必要
  • コンテナの購入
  • コンテナのレンタル・リース

このページの
先頭へ

こんなお悩みありませんか?